スタッフブログ

AIに負けない!〜かゆいところに手が届く存在〜

2020.05.20

AIに負けない!〜かゆいところに手が届く存在〜のアイキャッチ画像

かゆいところに手が届く存在

『かゆいところに手が届く存在』になりたいと願っていたことがあります。

それは、誰にとっても、貴重な存在になれることだと確信を持っているからです。

美容師のアシスタントをしていた頃、
スタイリストとアシスタントは、お客様の前で、直接的に指示をしないことが多くありました。

だから、感じることを意識的に行っていました。

どの時には、何が必要で、どういうアクションを行うのが『正解』かを、
周りをみて考えたり、
考えて出した答えが違った時には、後から教えていただきました。

その頃の目標が、
『かゆいところに手が届く存在になりたい!』でした。

あなたが、うまく話したいことも
あなたが、うまく形にしたいことも
『うまく』に捉われずに、
伝えたいことが、相手にきちんと伝わったとき、
形にしたいことが、相手にきちんと伝わって形になったとき、
言葉にできない温かい気持ちになったり、達成感を感じたり、嬉しい感情を持ったことはないでしょうか。

そして、
それが言わずとも、相手が汲み取ってくれた時
人を介して、相手に伝わった時
以心伝心(いしんでんしん)が取れたと
なんとも言えない気持ちになったことはないでしょうか。

その感覚が忘れられない。

どんなに生きてきた世代が違う方とのお話でも、
根本は皆同じで、
承認してもらうことに
共感してもらうことに
感動を与えてもらうことに
温かい気持ちにを感じるのではないかと思います。

それは、AIにはない、人間ならではの提供できる温かさだと思います。

それが、
おもてなし
だと思います。

おもてなしは、何もお客様相手にするだけではありません。
自分以外の全てにできることです。

今日も自分から、相手を思い、何ができるでしょうか。

ビジネスシーンでは、多くの”常識”というものや、”新しい情報”が行き交います。
そして、それが”モノサシ”となり、相手をも測ってしまいます。
それが、良い悪いではなく、知らない情報は、共有し合えば良くて、傷つけ合うものではありません。

人と人の間には、”心”があります。

”心”を思いやり、
そのうえで
意見をディスカッションするのと、
”心”を見ずに、
自分の思いだけを伝えるのとでは、
結果が大きく変わります。

あなたは、今日、温かい気持ちを感じられましたか?

そして、温かい気持ちを感じあえる関係性ができれば、
仕事のやりがいは、自ずと芽生えてきます!

AIに負けない!
人ならではの”心”を、磨いてまいりましょう!!